ドッグフードの与え方

  • HOME
  • ドッグフードの与え方

ドッグフードの与え方

サンプル画像

かわいい愛犬、ついついたくさんのドッグフードを与えてしまいがちですね。 大切なのは、犬の成長段階に合ったエネルギー量を与えること。 高齢になり運動量が減った犬に、育ち盛りのときと同じ量を与えていると、肥満や病気につながってしまうからね。 また、愛犬の運動量など、生活スタイルに合わせてドッグフードをあたえてあげましょう。

ドッグフードを与える回数について

サンプル画像

子犬は、生後2ヶ月経った頃から、軟らかくふやかしたドッグフードを 徐々に与えていくようにします。

子犬の頃は、急激に成長しますので、 同じ体重の成犬の2~3倍のエネルギーが必要です。子犬専用のドッグ フードを与えると良いでしょう。

1日分の食事は3~4回に分けて与えていきます。6ヶ月をすぎたころ から、食事回数は1日2回にしても大丈夫でしょう。

この時期までには、決まった時間、同じ場所で与えるようにしつけを しておくとよいです。 ちなみに、食事を与えるタイミングは、程よい散歩の後がおすすめです。 それは、消化吸収をよくするためでもあります。

愛犬に与えてはいけないもの

サンプル画像

愛犬には、その成長期や体調ににあわせたドッグフードを与えていれば十分ですが、手作りの食事などを与える場合に注意しておかなければならないことがあります。

与えてはいけないものの代表としては、玉ねぎなどのねぎ類。 これは血液中の赤血球を壊す恐れがあります。

また、チョコレートも ダメです。チョコレートに含まれるデオプレミンという物質は、犬にとっては非常に毒性の高いものです。子犬がいくらかわいいからといってチョコレートなどを与えてしまうことには注意をしてください。

犬は、人と違って腸が短くあまり噛まずに食べる習性があるということを覚えておいてくださいね。 消化の悪いもの、刺激の強いものを与えるのは避けましょう。

食欲のないときには

サンプル画像

食事は毎日、決まった時間にあげていますか? いつでも十分なフードを食べられる環境にありますと、食事に興味を示さなくなる場合があります。

また、ビーグルなどの食欲旺盛な犬に とっては肥満のもとですので、いつでもドッグフードを食べられる ような環境にしておくことは避けましょう。

ある日突然、食欲がなくなった場合というのは、獣医師に診てもらう ことが賢明でしょう。食べないからといっておやつばかりをあげてはいけません。

妊娠・授乳期

サンプル画像

子犬のための栄養が必要な妊娠、また授乳期には、骨や歯を形成する カルシウムを豊富に摂らなければならない時期です。 必要充分なカルシウムを摂れるようなドッグフードを与えてあげましょう。

また、ミネラルにも注目しておく必要があります。あまり、多すぎるミネラルの量が含有されているようであれば、それはそのドッグフードそのものの品質が疑われる(ドッグフードの品質悪さを隠すために、 食いつきを良くするために多くのミネラルを含むばあいがあります) ので、主原料を見極めて、必要最低限のミネラルが含まれたドッグ フードを選ぶようにしましょう。

Copyright(c) 2012 Social Agent All Rights Reserved.
Template design by Social Agent.