ドッグフードについて

  • HOME
  • ドッグフードについて

ドッグフードについて

サンプル画像

あなたの愛犬が食べているドッグフードってどんなものでしょう?
どんな原材料が含まれていますか?愛犬が毎日口にするドッグフードですから、どのようなものか知っておきたいですね。愛犬をしっかりと守ってあげましょう。ここでは、 ドッグフードに関する情報をお届けします。

飼い主の皆様へ

サンプル画像

愛犬が喜んでドッグフードを食べる姿というのは、とてもうれしいことですよね。栄養バランスのとれた、「良いドッグフード」を与え、いつまでも 健康でいてほしいと思うのが私たちの願いです。

そこで、今愛犬に与えているドッグフードの内容について詳しく知っていますか?愛犬が、与えられるままに喜んで毎日食べるものでありますので、私たちがそのドッグフードの内容を十分に理解しておく必要がありますよね。

愛犬が、非常に食いつきよく喜んで食べているのだから大丈夫!と 思っていませんか?残念ながら、人をひきつけるような広告などにより、さも愛犬の健康に良さそうに見え、でも実は粗悪なフードが巷にはあふれているのです。

人工甘味料や香料などを加えて嗜好性を高め、"食いつき"を良くしていることがあるということも忘れないでくださいね。

愛犬の健康を守るために、自分の目でフードの内容をしっかりと見極めることが出来ればうれしく思います。

ドッグフードの品質規制について

サンプル画像

日本には、現在ドッグフードの品質や安全性、栄養成分を規制する法律が ないというのが実情です。

ペットフード公正取引協議会なるものは存在し、そのガイドラインというものはあります。 そのガイドラインでは、原材料を使用量の多い順に80%まで表示すれば いいと決められています。 ですので、残る20%に何が使われているかは消費者にはまったくわから ないのが現実です。 たとえ、粗悪な原材料が混入していたり、愛犬の健康に悪い添加物などが 混入していたとしても、それを表示する義務などはありません。

各メーカーのモラルに委ねられているというのが実情ですね。

4Dについて

サンプル画像

4Dという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

4Dとは、Dead、 Dying、 Diseased、 Damaged です。 つまり、「死んだもの」、「死にかかっているもの」、「病気のもの」、「負傷 したもの」ということです。これは、人間の食用として使用することを 禁止された「食品不適格品」のことです。

しかし、これらをドッグフードに使用することにあたっては何の基準も ありません。ドッグフードに使用されていてもわからないのです。

ただ、これらの使用が一番疑わしいと思われるのは、非常に安価な ドッグフードです。本来捨てるべき材料でドッグフードを作れるわけですから、それだけ値段も安くなります。

ドッグフードを安さで選ぶのは危険であると思われます。

ドッグフードの大量の買い込みはしない

サンプル画像

原料のよいフードを与えてあげることは基本ですが、それらの品質のよい フードには防腐剤が入っていないのが条件です。 よって、よいドッグフードこそ、酸化し腐敗するのが早いのも当然のことです。

人間の食べ物と同じですね。

確かに、大量に購入したほうが、値段はかなり安くつきます。 けれども、愛犬の健康を考えるならば、ドッグフードの価格ばかり気に するわけにもいきません。

ただ、ドッグフードの値段が高いから大丈夫というわけではありませんよ。 良心的な価格で、品質のよいものだってありますから。 ドッグフードの品質を重視しましょう。これについては、別のページにて 詳しく説明させていただいております。

ドッグフードは、あなたの愛犬の様子に応じて、目安としては 最低1ヵ月で食べきれるサイズを購入するとよいでしょう。

Copyright(c) 2012 Social Agent All Rights Reserved.
Template design by Social Agent.